肌の塗りを極めたさあるよな

タイトル変えたし大丈夫やろw

うちの世界について

最近pawooでうちの子について話すことが多くなりました。 皆さんがうちの子について話している姿を見ると凄く楽しそうだな、という感じがします。 なので、ここで多少複雑な私のうちの子たちについて話しておきたいと思います。

うちの世界の誕生について

そもそも私は昔、いわゆる東方界隈にいて、うちの子を持ちませんでした。 ただ、「うちの東方の子」といういわゆる俺設定が沢山ありました。

例えばよく胸の大きさについて議論されるパチュリー・ノーレッジがいます。 私は胸の大きいパチュリーも大きくないパチュリーも好きです。 ただ、それらは別に扱われるべきなのです。同時に1つの世界に同時に存在することがあってはいけません。 現在はこの概念は私の中で覆されつつありますが、それはまた別の話です。

何を言っているかわからないかもしれないのでもっと話を単純にします。

例えばAさんは胸の大きいパチュリーが好きで、Bさんは胸の小さいパチュリーが好きだとします。 当然両者とも原作者ではないので、AさんとBさんの考えているパチュリーは両方共二次創作で、別々の世界、別々の幻想郷を持ちます(胸の大きさからも明らかでしょう)。

これを私の中で扱うのです。 つまり、私の中に胸が大きいパチュリーのいる幻想郷と、胸が小さいパチュリーのいる幻想郷があります。 これらは別々の世界であり、通常お互いに干渉し合うことはありません。

で、私は昔から空想をすることがよくありました。 名前こそつけていませんでしたし、私の取る姿も狐だったり竜だったりしましたが、私の中では様々な物語が展開されていました。

恥ずかしながらシコる時にその妄想を使うときもありました。オリキャラは大抵性的嗜好の塊だし仕方ないね。

物語が広がるにつれ、彼女もしくは彼らの世界を定める必要が出てきました。 ただ、私の中で繰り返し語られる物語は不安定で、例えばとあるキャラが男性だったり女性だったりしたのです。

そこで私は先程話した複数の世界の群を以てうちの世界を構築することになりました。

現状のうちの世界のキャラについて

先程話したように、世界によって性別が違っていたりするので、ここに挙げるキャラ紹介はあくまで一例でしかありません。 なので、あくまで参考程度に御覧ください。

二神

現状ほぼうちの世界においては「二神」と呼ばれる最高神がいます。 世界によっては四神だったりします。ただ大体は二神です。 大体の場合肌が病的に白く、#FFFFFFで塗られます。

「創造と消失の柱」ファーク

二神のうちの白い方、ファークです。 そこそこ高めで、170に近しい身長を持ちます。 大体の場合は巨乳で、天然に近い喋り方をします。 性別は大体の場合女性です。 まだ絵はありません。

「破壊と再生の柱」エニーム

二神のうちの黒い方、エニームです。 身長はかなり低い部類で、大体の場合150cmを割ります。 もちろん貧乳であり、イメージカラーも黒系統とファークとの対比になっています。 外見の性別は女性ですが、実際には性別が存在しない設定の世界と女性の設定の世界で半々くらいです。 f:id:Nucleareal:20170919182657p:plain まあ実を言うとPCが壊れているので彼女以外は絵がありません。仕方ないね。

三翼

二神の下にいるのが「三翼」と呼ばれる翼を持った種族達です。彼女らは二神を感知できませんが、後述の七長よりは神に近い種族とされており、例えば白(翼)族のトップである娘は単独で一つの国を滅ぼしうる程の力を持ちます。 時折七長の種族をペットとして従えている事があります。

白(翼)族

白族は、いわゆる天使などと呼ばれているジャンルの種族です。 三翼のうち白族であることから、白翼族とも呼ばれます。天使の輪を携えており、それ相応の権能を持ちます。 顔のない娘が代表を努めており(実質幽閉ともされている)、姿をうかがい知ることはできません。 ペットとしては大抵狐がいます。

黒(翼)族

黒族は、いわゆる悪魔ではなく、ただ黒い翼を携えた天使です(堕天したわけではありません)。 常に白族と争っていますが、これは別に互いを滅ぼすためではなく、傲るのを防ぐため元から対になる存在として作られたとされています。 こちらの代表は白族の下っ端をからかって遊んでいます。

灰(翼)族

何故生まれたのかは謎とされています。 白族とも黒族とも争う様子はなく、ただ種族として存在するのみとされています。 代表はおらず、群として存在するのみで、組織などはない様子です。

七長

世界に主に存在する7つの種族が「七長」と呼ばれています。 それは大体の場合 狐、龍、悪魔(吸血鬼)、天使、妖精、人外、人間 とされています(ここは世界によってかなり大きく違います)。

いわゆる妖狐と呼ばれる種族が該当します。 数は少ないながらも、独自の社会を形成しています。「遣い」と呼ばれる所謂人形を買い物などに行かせたりすることもあります。 国境には検問が設けられており、出入りには検査と身分証明を必要とします。 よそ者には厳しく、住みでもしようものなら妖術によって嫌がらせをされるでしょう。 長は大抵の場合「プライマリー」または「ローズ」と呼ばれています。九尾の狐で、従者として「ルナ(七尾)」「サン(五尾)」を従えています。 彼女または彼(このキャラは最も良く性別が変わります)は九尾にしては気さくで、外交的です。 尻尾が増えるに従い修行に伴う死や尻尾の格上げに伴う死で人数も少なくなり、最も数が少ない九尾は大抵人格破綻者とされています(事実そう)。 大抵の場合尻尾が一番多いのは九尾とされていますが、過去の記録では十三尾まで存在していたとされています。

はぐれ狐

妖狐ですが、閉鎖的な彼らの社会を嫌い町外れに単独で家を構えている場合があります。 単独で暮らさなければいけないので、大抵の場合従者を従えているか、九尾を越える力をもっていたりします。 狐の国の伝承では、国が滅びそうな時にやってきてなんとかしてくれる種族であるともされています。

龍ですが、世界によって人型に近かったり、龍そのものだったり、外見が不安定です(世界によっては人型に変身する能力があったりもする)。 特殊な在り方である天使を除けば七長の中で最も個体数が少ない種族です。それ故、謎の風習が存在していたりします。 彼ら(彼女ら)は大体渓谷の壁に穴を穿って暮らしており、それぞれが別の家を持ちます(家族であっても)。 彼らの社会の近くには何でも治すという温泉があるとされています。 彼らの長は大抵の場合(6割)女性で、人型に変化することができます。特筆すべきなのは彼女または彼の力で、大抵の物質であれば殴って破壊することができます。 龍にしてはフランクな服装をしており、いわゆるジーパンにパーカーだったりします。

悪魔(吸血鬼)

最も「何であるか」が安定しない種族です。世界によって悪魔だったり、吸血鬼だったり、あるいは羽のある闇の力を振るう種族だったりします。 吸血鬼である場合は、陽を避けるように大きな山の中にある空洞に社会を形成しています。 悪魔である場合は、普通の街を形成し、その隣の丘の上に領主の城があります。 大体の場合(9割)長は女性が努めています。彼女は三対の羽を持ち、ゴスロリの衣装に身を包んでいます。高身長貧乳かもしくは高身長巨乳です。 また、物語において最も良く滅ぼされる国家です。 人口は男性が占める比率が多いです。

天使

白族とは違う天使社会を形成しています。自らを天の遣いと名乗るやべーやつらです。 全部で八人いて、それぞれ外見が大きく異なります。 種族の特徴としては不老不死を持っていることが挙げられます(例外あり)。 大体の場合全員女性です。天使の輪はないので、その点において白族との区別がつきます。

妖精

昔の時代、狐の社会においてオナホとして良く使われていました。現在は闇取り引きで流通するのみとなっており、人身売買は禁止され、人権を得たとされています。 物語にあまり出てこない種族なので、特筆することはあまりありません。種長は女性です。

人外

他の種族に相当しない種族がまとめられたいわゆる「その他」であり、国家を形成しない種族です。 ですが長は存在しており、大抵の場合幼女の姿を取っており、大抵の場合常に寝ています。

人間

最も平凡でつまらない種族です。日本のものと変わりないでしょう。 ただ、現実の日本とは少し違っており、神を降ろす手段が体系化されています。科学も同時に存在していますが、大抵の場合あまり目覚ましい発展を遂げているわけではありません。 ただし、町外れにはネットワークを実用化したとされている屋敷があります。 f:id:Nucleareal:20170920195918p:plain

魔法使い

世界によっては妖精がこれに置き換わっていることがあります。 名前の通り魔法によって形作られた国で、上下の激しい社会を形成しています。

その他

羊や狼などがいるのですが、それらは七長に含まれません。

最後に

ここまで書くのに疲れたので世界観の説明はやめます。

SpaceChem問題5個

最近ハマっているので問題を置いておきます。

Pure Wash

α(H) -> ψ(H2O) ω(H2O2) f:id:Nucleareal:20170504234509p:plain H4sIAHm6C1kA/32PsUoEMRCGX0Wm3oUk1ZG8wFVqZyEWcW/WW8glSzIpzmUFCzuxtPYRLK7whV TuLZy4J7gKR0ggH/98+TNA5/tM9W3wmEAPIMrxzfh6OcAmOGyyQ9Dw8br73L2YpZFSCgEVNCF7 Ai3VeDWOFYRM/1XzebO8E+qsCKQwSi6ENErNZYJN8s/k/v5p//D2/vj8U6FYeBspeLFucUTHvr VNtbPxBuupI+jWuoQVXAe/wlgfwmpKJvQpRNAUM06kzQlnIPWuIyrsICqQ0GEf4m9M2770j5jQ xmbNvbzdFHKeI55c2FSQzbQu78Fpbhzn0Dqmq65tO/4/bUGL8QvKrEkcqAEAAA==

Alchemist Dream

α(Hg) -> ψ(Au) ω(Li) f:id:Nucleareal:20170504234627p:plain H4sIAJm6C1kA/2WPsU7DMBCGXwXdnEgODIAzVWJgQH2BisGkl8aSY0f2eShRJCADEhtvwMTAxM AbRULqW3BpOjRlseTP/3f3uwVtm0jpo7MYQLYgxmPP+LpqoXYGi2gQJPx+/+zenvLbTZ5lV0II SKBw0RLI7Ly777oEXKT/w44m7F7f80Vk/fJ6pgt2s5Ps0H8N/fPw8jn0H/mdZunixGGpUiE1ym 8wnVaDLJUJmMCDs2v06SEspmRAG5wHST7iRMoYcAZCYzTRnBEabJzf08N42jZjR48BlS8qrmVV PZKFKSqsdaCzG4+q5gcVqRqXwjIWhtOoDNO1LkvNP6Utt+v+AIiPSfiGAQAA

Neutralize

α(UO2:42%, U2O5:17%, UO3:42%) β(H) -> ψ(UO2) ω(F2) f:id:Nucleareal:20170504234659p:plain H4sIAGm8C1kA/42QTUoDQRCFryK9UpiB7hoCk+m9mE2yihtx0U5qzEBneugfMAnjJmdw7xFc5E YBvYbV+dFEMbhp6Ee9r169JaubNvh0YRp0rFgyHp+tRt+7JZsZjWXQyAo2tqqpw+xi9FRP8HJw eyXHo2cOkmd9AC455PQRWc45S1hpQuNZ0euSM4yIIAJRelKIPnAhAQhGGMgFlxBhMoP4cpHTEs FpyTcezuMHu4jZHgFbRBYXgcxOSb3uvkuY+Pv697f1x/pV3lBQcXyhAHKS1QT/u8h/tBfvpoMp GyUUcNKe4IdMR6DN6mWzWsUs13t/bEr0fxjJOVUu1co+YroLx4pKaYcJezDNBG16KHE36bBxxn 7NRKkKDknxNuwF1+raezyd8qixNfZY9vM2RrXoUNlySsEaNYvKEIO3StcLJE0FP40b2TCUmgZR aVIndVXVdKufs4J3n9vZPxmhAgAA

Optimization

α(H) β(H) -> ψ(Mt) f:id:Nucleareal:20170504234735p:plain H4sIAHS8C1kA/52PMU7DMBSG7/LmRLLZcC7AAhwAMZj0hVhy7Mh+HtooS72w9ApVB8TAxNAbWY JrYDcdWrGxWPKn///8ewJlxkD1xhr0ICZg5TixfH2aYLAa26ARBHx/HX+Oh+au4ZwzBhW0NhgC wW/m57kC/s9mrtpAf0dc9FPcp+17im8p7lL8TNuPFA/NPZ18t1dGVny99LWW7hXrxQyik9pjBS /WrNDV5zBbkh6Ntw4EuYAL6YLHK+BHrYgKO4sKJNQ4WneJaT2WvQ49Stf2eZeRQyGPI6lBbSQp azKVgfryJDyEVucoSp3pSnWdyl+mdd42/wLPdPdlmwEAAA==

Omnibus

α(Tb) -> ψ(H) f:id:Nucleareal:20170504234813p:plain H4sIAMi8C1kA/2WPMU7EMBBF7zJ1IjlIoJVzASpo6BCFk50QS44decbFEqXZSFyAC2xFQ0OxN7 IE18AmFBvRjDRP///5M4G2Y+DyxVkkkBOIPH5ZWh8nGJzBNhgECXF5jctHXN7i8T0up/qhqavq 5loIKKB1wTLI6mp+mucCXOD/qRdRX5/n7/Opvk0B1cYvsrtXVBrln7Fcc0B2yhAW0Di7R1/+iX erktCS8yDZB1xJFwg3gEajmbeM0eDo/AXlw5i7eSRUvu1TK6uGTO4Hq5tACajAfb4Fd6E1SYXK JLrXXafTZ3wAKeYfk+Ymi1MBAAA=

グラブルについて

お絵かきも最近グラブルの娘が多くなってきたので雑にいろいろ書いておこうと思う。

まあ最近の2枚は無料10連7回で出たSSRの女の子を描くとかいう振りをしたせいである(まあそれで戦力が上がったのは間違いないが)。 ちなみに出たのはイシュミールとヴィーラです。

ランクとしては最近プロバハ自発できるようになった(80)程度。 現状戦力が一番高い属性は水 f:id:Nucleareal:20170322112017p:plain f:id:Nucleareal:20170322112038p:plain で 次いで闇 f:id:Nucleareal:20170322112108p:plain f:id:Nucleareal:20170322112153p:plain 。 推しはリリィちゃんです。ママだよ。

次取るのはリヴァマグを狩るためのサラちゃんですかね。 土はまだ水の属性試練をギリギリでクリアできる程度しか戦力がないのでこっちも増強したいところではあります。 あとセレストはもうちょっと拳か斧落とす確率上げろ。

「召喚魔法陣」に関する独自の設定まとめ

皆様はアニメなどに出てくる召喚魔法陣のことをご存知だろうか。 知らなくても別にいい。話すから。

召喚魔法陣とは

召喚魔法陣とは、魔術師が召喚対象を召喚するための魔法陣の事である。
現在は円形のものが主流である。
理由は簡単で、その構造から円形にならざるを得ないからである。

召喚魔法陣の構造

召喚魔法陣は大きく分けて2つの部位に分かれており、それは「詠唱部」と「目的伝達部」である。

詠唱部

この部分は召喚する「対象」を決定するものである。
これは普通召喚する対象に対して一定(召喚対象に対して模様が一意に定まる)であるが、稀に例外もある。
この模様は対象が召喚できるようになった時(人間で言う成人)に、一度だけ召喚対象側が決定する事ができる(稀に例外もある)。

  • 同人誌で見られる召喚失敗のメカニズム

これは実は理由が物凄く単純で、大きく分けて2つある。そのうち1つが、「詠唱部に書いた模様が間違っているから」である。
間違えるなよ、と思うかもしれないが書籍などに見られる過去の魔術師が書いた魔法陣は印字が掠れていたり、模様の写し間違いがある。
魔術の世界に統合開発環境はない(サクラエディタ的なものはある)ので、たまにセミコロン的なものを忘れたりする。
その他にも、魔術の世界は割と理不尽な引っ掛けがあったりして、10, 11, 12の次が13億だったりするので独自に魔法陣を構築する場合それも失敗の原因となる。
失敗した模様が何を呼び出すかと言うと、術者の力量にもよるのだが、「一番模様が近い対象」を呼び出す事になる。
どっかの七曜の魔女さんがやたら触手に襲われているのも、召喚したい対象の模様に近い模様が淫虫の召喚模様だということである。(google.comに対するgoggle.comのようなものだと考えてもらえると分かりやすいかもしれない)
ただ、詠唱部と一番近い召喚可能な模様が余りにもかけ離れている場合は何も呼ばれないということもあり得る。
この詠唱部というのは対象によって形は本当に様々で、線1本で呼び出せる(実際には存在しない。理由は後述)対象から、線が500本を超える対象もいる(理由は後述)。

  • 線1本の詠唱部で召喚ができない理由

理由は非常に単純なものである(電話番号を考えてもらえるとわかりやすい)。
仮に線1本で召喚ができるとすると、我々が電話をかけるときに0を押した時点で電話がかかってしまうのである。

  • 線がやたら沢山ある詠唱部がある理由

休日出勤をイメージしてもらえるとわかりやすい(実際はいつ呼び出されるかは本人には分からない)。
なので電話番号を長くして魔術師に諦めさせようとしているのである。

目的伝達部

この部分は召喚する「目的」を決定するものである(たまにこの部分がない魔法陣もあるが、大抵呼び出した対象の機嫌が悪くなるため大体記述する)。
これは召喚する対象が魔術師の前に現れる前に対象に伝達されるのだが、あまりにも魔術師の字が汚い場合や召喚対象がせっかちな場合現れてから再度目的を聞くなどする場合がある。
これは大抵外周に円形に記述される(あちらの世界に伝達される際に極座標から直行座標に変換されるため)。

実行

以上の詠唱部と目的伝達部を組み合わせて召喚魔法陣は完成する。
あとは召喚するだけであるが、召喚対象によってはそれを拒否する手段を持っている対象もいる(仕組みは謎)。

  • 召喚失敗のメカニズム(2)

これも単純で、「目的が不十分である」場合である。
休日出勤なのに呼び出される目的が飲み会の打ち合わせだったりする場合、少し上で記述した召喚拒否により召喚が不成立となる。

代償とかそこらへんの話は召喚魔法陣の話から外れるので記述しない。
帰ったら色々追記します。

お絵かきについて

なんとなく感じている人は多いかもしれないが私は現在成長氷河期にいる。 絶賛就職も氷河期なのだが別にそちらはこの項では取り上げない。 あとこの文章は携帯で書いているので見づらい事を了承してほしい。

まあまず私の絵の短所を列挙していく。 これは自虐ではなくて自分で思いつく改善点を挙げているだけなので安心してほしい。

  • ロリが描けない
    最近上げたルナちゃん(

[R-18] 【ルナ(シャドウバース)】「デイリーミッション」イラスト/ぬくれあ [pixiv])を見てもらえれば分かるように体にロリっぽさがない。
割とロリでシコりたいマンとしては由々しき問題である。

  • 段々肌の塗りが適当になってきている
    と思う。元々上手い方ではないが、肌らしさというものが最近欠けてきているように思う。

  • 服の塗りが致命的に下手
    服だけに限らず布や金属に及ぶ。実は下手というよりかは明らかにそこに工程を掛けたくないという思いが見え見えである。金属はそれがわかりやすく、曲面の方向や光の当て方、映り込みを考えずにただ斜めに光の線を引いていたりする。

  • 左上光源で固定
    由々しき問題である。

  • 靴下でシコる割に靴下が下手
    服が下手問題に追随するところがある。

  • 継続的に絵を描いていない
    キツい

  • 絵柄を進化させようとしない
    いつもの塗りで済まそうとするという事実の他にクリスタをマスターしたくない(めんどくさいので)という気持ちが常にある。私は定形作業を好む。

このように枚挙すれば暇が無い訳だが、一方で自分で認める長所もある。

  • たまに奇跡的に自分でシコれる絵が生み出される 原因は謎。

以上だ。

実を言うとこれを書いている理由は特になくて、明日から改善しようという気もさらさらないのである。
なのでこれを読んだあなたの時間は無駄になった。申し訳ない。

デスタイラント

デスタイラントデッキ

あいつに殴らせて一気に13点をもぎとるデッキのことである。  

入れるカード

一番重要なカード

  • デスタ淫乱ト
    根源的な問いであるがデスタイラントがないようではデスタイラントは使えないのである。
    プライズカードではないので必須。3積み

    デスタイラントシナジーするカード

  • 集団埋葬地
    3積み
    墓地が増えないことにはまずデスタイラントがどうこうとかいう問題ではない。
    場には2枚まで出す(悪戯なネクロマンサーのため)。3枚出してしまうと端的に言ってクソなのでもし手札に3枚来ても出さない。
  • ラビットネクロマンサー
    3積み
    死ぬだけで顔面に2点
    デスタイラントはネクロマンスしても13点なので顔面に6点は入れたいので絶対に入れたい。
  • ケルベロス
    1枚で3枚分の働きをすることさながらココとミミがPP1なので明らかに壊れカードである。
    タイラントにつけると最大守護無視19ダメージなので大体殺せる。
    1枚も持ってないけど。
  • ソウルハント
    3積み
    相手のフォロワーに3点与えつつ墓地を2増やすというすごいカード。
  • 幽体化
    あーっ!困ります!お客様!困ります!お客様!

    シナジーはしないがすごいカード

  • カルビースト
    3積み
    死ぬだけで墓地が2増える。
    適当な相手のフォロワーに突撃させるだけでいいので扱いが楽。
    コストが1だけ余った時に使えるのでマジでよい。
  • ソウルコンバージョン
    3積み
    墓地を2枚増やしつつ2枚引ける。
    主にこれはゴーストに使いたいがスカルウィドウなどに使えば3ドローできるので汎用性がありすぎる。
  • スパルトイ
    3積み
    こいつがいるとなんか相手は親を殺されたみたいになんか攻撃してくるのでなんかすごくなんかいい。
  • スパルトイサージェント
    2~3積み
    こいつも死ねば結局墓地+2なのですごい。
  • ネクロエレメンタラー
    かわいい。
  • 悪戯なネクロマンサー
    盤面処理をしつつゴーストで顔面を殴れたりソウルコンバージョンで2枚引けたりするのでタイラント型でも優秀なカード。

    すごくもないけど採用してもいいカード

  • ベルエンジェル
    ネクロマンサーに足りない守護を補いつつ1枚引ける。
  • スカルウィドウ
    1枚引ける。
  • ワイト
    なんかこいつクソみたいに優先的に殴られる

Portal2マップづくりの近況

マップをシコシコ作るのは楽しいものである。
毎日新しい発見がある。
例えば今日他人の作ったマップを解析していて見つけたのだが、keyにrendercolor、valueにR G Bと入力すると、ボタンやらキューブやらがその色で乗算されて描画される。
f:id:Nucleareal:20160419233146p:plain
(左が今回発見した色の乗算である)
これはSmartEditでは発見できないものであったので(紅魔郷Mapなどではキューブにfunc_brushを貼り付けて色分けをしていた)、いい感じである。
filter_nameにactivatorの名前を通せばfunc_instance化することが可能で、個人的な技術革新だな、と思った。
(func_instance_parmsにlogic_relayの名前を渡すようにして、赤キューブで赤ボタンをアクティベートするなど、できるかどうかはわからないが恐らくできそうである)
まあ、それでなくても、マップを作るのは楽しい。
そういえば最近Modified Fizzler Fieldsが流行っているらしい。
プレイヤーとキューブなどの物理オブジェクトをブロックする橙フィールド、ポータルガンの玉をブロックし、キューブなどは通さないが、通ってもポータルがリセットされない黃フィズラー。
プレイヤーとポータルガンの玉はブロックするが、キューブなどの物理オブジェクトは通す紫フィールド。キューブなどの物理オブジェクトをブロックし、プレイヤーとポータルガンの玉を通す濃緑フィールド。
他にも物理オブジェクトを通さず、ポータルをリセットするがタレットなどのNPCは通過させる青フィールド、ジェルをブロックする桃フィールド、擬似的にポータルを作り出す緑フィールドがある。
正直ここまで多いとパズルゲームとしては複雑極まりないと思うのだが、1つのマップで1種類使うくらいなら十分面白いマップを作れると思う。
記事を書いている途中に思い立って赤キューブに青ジェルをかけてみたら、想像以上に禍々しいものができた。
f:id:Nucleareal:20160419234634p:plain
まあ、とにかく、楽しいので、Portal2のマップみんなも作ろうな。