読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌の塗りを極めたさあるよな

タイトル変えたし大丈夫やろw

お絵かきについて

なんとなく感じている人は多いかもしれないが私は現在成長氷河期にいる。 絶賛就職も氷河期なのだが別にそちらはこの項では取り上げない。 あとこの文章は携帯で書いているので見づらい事を了承してほしい。

まあまず私の絵の短所を列挙していく。 これは自虐ではなくて自分で思いつく改善点を挙げているだけなので安心してほしい。

  • ロリが描けない
    最近上げたルナちゃん(

[R-18] 【ルナ(シャドウバース)】「デイリーミッション」イラスト/ぬくれあ [pixiv])を見てもらえれば分かるように体にロリっぽさがない。
割とロリでシコりたいマンとしては由々しき問題である。

  • 段々肌の塗りが適当になってきている
    と思う。元々上手い方ではないが、肌らしさというものが最近欠けてきているように思う。

  • 服の塗りが致命的に下手
    服だけに限らず布や金属に及ぶ。実は下手というよりかは明らかにそこに工程を掛けたくないという思いが見え見えである。金属はそれがわかりやすく、曲面の方向や光の当て方、映り込みを考えずにただ斜めに光の線を引いていたりする。

  • 左上光源で固定
    由々しき問題である。

  • 靴下でシコる割に靴下が下手
    服が下手問題に追随するところがある。

  • 継続的に絵を描いていない
    キツい

  • 絵柄を進化させようとしない
    いつもの塗りで済まそうとするという事実の他にクリスタをマスターしたくない(めんどくさいので)という気持ちが常にある。私は定形作業を好む。

このように枚挙すれば暇が無い訳だが、一方で自分で認める長所もある。

  • たまに奇跡的に自分でシコれる絵が生み出される 原因は謎。

以上だ。

実を言うとこれを書いている理由は特になくて、明日から改善しようという気もさらさらないのである。
なのでこれを読んだあなたの時間は無駄になった。申し訳ない。